2010年10月22日

みずほFG―「コーポレート銀行」の病巣(FACTA:2010/08/20)

FACTA
□ 2010/08/20発売号



COVER STORY [景気回復のミラージュ]
米長期金利に「ドル売り爆弾」
──北京大学で嘲笑を浴びたガイトナー財務長官の屈辱。BRICsの株価回復も資源高も「正体」はドル逃避では。

[企業スキャン]
みずほFG―「コーポレート銀行」の病巣
──斎藤会長に続き佐藤頭取を襲ったグロテスクな「紙爆弾」。問題だらけの「コーポレート銀行」はもはや解体の運命か。

[雑誌メディアの腐臭]
新潮社「鉄面皮」の系譜
──全然懲りてない。起死回生の「鴻池密会」暴露も、ネタ元に怪しい影。「君側の奸」がいる。


■BUSINESS

[霞が関天下り機関]
郵政・政投銀「民営化」逆戻り
──実はコインの裏表。霞が関は「危機対応」を口実に、政策金融改革を骨抜きにして、民主党まで抱き込んだ。

新日鉄の仮面を剥ぐ内部告発

日本興亜で前社長が「自爆テロ」

経産省と東芝が仰天した「カザフの変」

「第一三共」が巨額損失の責任逃れ

ネットブックが拓く「垂直統合」

中村パナソニックが「経団連離れ」

太陽電池の覇権争うシリコン製造3社

「地デジ延期説」が出る胸突き八丁

「最後の砦」フォードが危ない

タイでトヨタやホンダが散々な目

INTERVIEW 〔インタビュー〕
ジャン・イヴ・ラマン(アルセロールミタル日本代表)
新日鉄が腰抜かした「アルセロール買収」

ビジネス・インサイド
・巨額損失の引責を免れた三菱東京UFJの執行役員
・居座る「富士通の大御所」秋草直之・取締役相談役
・改正建築士法のスタートで建築士不足に拍車がかかる!
・東芝が不振の半導体工場をLED工場に衣替え
・「危ない信組」の押しつけにぶちきれる信金業界
・スーパーゼネコンも危ない 大成と清水が経営統合!?
・日航が三井物産に航空貨物部門を売却か
・「水商売」で関西再生めざすナニワの官民連合
・スターフライヤーに全日空が「熟柿作戦」


■GLOBAL

[民主化挫折20周年]
語られざる「天安門」追悼
──厚い報道管制のベールを潜って、黙祷する遺族たち。祖国を離れた学生運動家がたどった苦節と風化…。

金王朝「正雲」継承へ最後の賭け

「死せる盧武鉉」韓国検察に復讐

もはや「断末魔」の英労働党政権


■POLITICS

[もう始まった「大連立」政局]
「政権交代」の次なる修羅場
──仕掛けるのは小沢だけではない。前原ら民主党有力者も一斉に衆院選後を睨んで動き出した。

燎原の火と化す「官邸批判」

改正産活法が「尻すぼみ」の真相

ポリティクス・インサイド
・「反麻生」署名活動は都議選後に威力を発揮か
・民主党代表を辞めた小沢一郎がパワーアップ
・ルース駐日米大使は筋金入りの民主党活動家
・河村名古屋市長「蛮勇」のとばっちり


■DEEP

金融庁が暴く「木村銀行」架空口座

「子連れ狼」が泣く新聞休載の真相

折口雅博の「密約」反故で180億脱税

ディープ・インサイド
・「幸福の科学」新政党に異変 大川教祖夫人のわがままか
・朝日新聞が現役・OBに未曾有の待遇大幅カット
・大票田に「甘い蜜」振りまき5選を狙う福岡県知事
・「読む事典」をめざした労作『皇室事典』の読み応え
・「日米軍需利権」復活へ政官業が大合唱


■LIFE

「二流のピアニスト」だらけの日本

困窮者を見捨てる社会福祉法人


■連載

〔手嶋龍一式intelligence〕
平壌に「内なるロベット」の匕首

〔硯の海〕田勢康弘
死こそ太宰の最高傑作

〔「軍略」探照灯〕田岡俊次
軍事常識欠く北朝鮮攻撃論

〔日記逍遥〕山本一生
矢部貞治日記と横光利一
激動の欧州で芸術論対決

〔政々堂々〕長谷川幸洋
「政策通」与謝野は幻? 気の早い「景気底打ち」

〔隗より始めよ〕
財政再建は金融危機に流されるな

〔挑戦者〕
中野和久(出光興産新社長)
折り紙つき「アジア通」が登場

〔ひとつの人生〕
速水 優(元日銀総裁)
総裁の帰るべき場所

〔メディアの急所〕
・朝日新聞社長に「ダークホース」が浮上
・話題呼ぶ特ダネ記者の移籍

〔Another Eye〕地方&宗教
・同和利権の「最後のドン」を大阪府警が逮捕
・創価学会の「アメリカ布教」に他教団が注目

〔ブックレビュー〕
『首相の蹉跌 ポスト小泉 権力の黄昏』
緻密な取材が炙り出す「権力の実像」

〔イメージレビュー〕
映画『レスラー』
「ありふれた物語」の正攻法の輝き

〔プロダクトレビュー〕
・電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」
世界初のEV量産 三菱自動車の最後の賭け
・「HT-03A」
ついに“Gフォン”登場 スマートフォン競争激化

編集後記

posted by ファクター at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

愚かな「宰相のゲリラ戦」 戦略なき菅直人の「百日天下」

FACTA
□ 2010/07/20発売号



COVER STORY [原油流出とイラン制裁]
三井物産に「オバマ・トラップ」
──前門のメキシコ湾原油流出に、後門の対イラン制裁。米経済紙を通じて発せられた驚愕の警告サインとは。

[愚かな「宰相のゲリラ戦」]
戦略なき菅直人の「百日天下」
──長期政権の打算が裏目。市民運動家から成り上がった首相は「ゲリラ戦」ばかり。ねじれ国会では通用しない。

[薬事行政の二重基準]
厚労省と富士薬品の「恥部」
──医薬のネット販売封じ込めへ、置き薬業界に「激甘」行政。だが、闇の勢力にその蜜は吸われている。

■BUSINESS

DIALOGUE 〔特別対談〕
米エール大学教授 浜田 宏一氏 × 嘉悦大学教授 高橋 洋一氏
〜白川日銀の「迷走」と危うい小野理論を憂う〜

[日系工場の労働争議]
中国「スト多発」のマユツバ
──労働争議の原因は、賃金より労務管理にある。どっこい、「世界の工場」はそう簡単にはへこたれない。

米国も怯える「二番底」とデフレ

LTEでドコモまた「ガラパゴス」

小野寺KDDI「市場感覚ゼロ」の病根

特捜・監視委が狙う「木村剛印」上場企業

「独善」白川総裁がもの言えば唇寒しの人事

中国系上場第1号「新華ファイナンス」の末路

読売の「クオリティー」が朝日を追い抜く!

トヨタ復活へ章男流「外国人抜擢」

「異色のJBIC部長」が内閣の指南役に

「西日本高速道」にトドメ刺した調査委報告

あの振興銀行が武富士の「救いの神」に

「ケジメなき寺田千代乃」にがっかり

関経連「ポスト下妻」に理事会決議の波風

JVC・ケンウッドが「最終処理」へ

岡田外相の勝負どころ「ODA新税」

金融庁の「本尊」英FSAが解体

INTERVIEW 〔インタビュー〕
奥 正之(全国銀行協会会長・三井住友銀行頭取)
日本は「豊かな衰退」か「ダイバーシティ」に活路

ビジネス・インサイド
・「ゆうパック」遅配招いた斎藤日本郵政社長の瀬戸際
・キリンの新しい「恋人」はおっとりした味の素
・キヤノンがテレビ参入断念 「SED開発」打ち切り
・海外投資家が敬遠する大手生保の高コスト体質
・リスクは覚悟のうえ? プロミスが中国進出


■GLOBAL

[財政・景気の板ばさみ]
ユーロ離脱の「出口」なし
──固唾を呑んで見守る欧州金融機関の耐性審査。加盟国の競争力強化へ、結束して抜本改革を進めるしかない。

米空母の黄海派遣に中国軍緊張

ロシア美人スパイが狙った「超大物スパイ」

「緊縮は禁句」こわごわ仏年金改革

キルギス騒乱封じ込め「グレートゲーム」不発

トルコがイスラエルに「最後通牒」


■POLITICS

「小沢の天敵」枝野と玄葉の正念場

傷だらけ小沢と菅が「最後の決戦」

「赤い副大臣」平岡が暴れる理由

ポリティクス・インサイド
・「参院選の勝者」は公明党 民主党が擦り寄るのを待つ
・出端をくじかれた石原都知事の「債券市場構想」


■DEEP

検察審「小沢強制起訴」のXデー

日本風力開発が「粉飾」の覚書で断末魔

「事務局長解任!」おぞましい大阪産業大学

ディープ・インサイド
・三洋電機の半導体子会社が米半導体メーカーに身売り
・「JALビル」が消滅 諸行無常の響きあり
・異色の「脱サラカメラマン」武田孝巳が写す「クメール」


■LIFE

「雑居特養」推進、上田知事に幻滅

「女性宮家」にそっぽを向く菅総理

INTERVIEW 〔インタビュー〕
宮島 和美(日本通信販売協会会長・ファンケル会長)
伸びる「通販4兆円市場」 会員ニーズに応える使命


■連載

〔手嶋龍一式intelligence〕
マクリスタル司令官更迭の「鏡」

〔硯の海〕田勢康弘
いま重い細川『内訟録』

〔政々堂々〕長谷川幸洋
進むも地獄、退くも地獄 菅政権シミュレーション

〔日記逍遥〕山本一生
徳川夢声日記と桜隊散る
座員たちへの被爆鎮魂歌

〔眠れぬ夜のバラード〕遠山高史(精神科医)
インターネットには「夜」がない

〔隗より始めよ〕
マニフェストの「リセット」と政権の志

〔メディアの急所〕
・日本郵政が日経上層部「懐柔」に成功?
・テレビ業界の「3強2弱」がいよいよ鮮明に

〔IT万華鏡〕
・リクルートが「割引クーポン販売」に参入
・不正プログラム「ガンブラー」が暴威

〔Another Eye〕地方&宗教
・名古屋経済界が「航空機産業」に熱い視線
・「統一協会」に迫る世界的にユニークな学術書

〔ブックレビュー〕
『一〇〇年前の女の子』
記憶から蘇るありし日の村落共同体

〔イメージレビュー〕
アンナ・ネトレプコ『夜のしじまに』
絶頂期を迎えた「大輪の花」

編集後記


posted by ファクター at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。